しとしと雨降る角館。

男鹿へのドライブの帰りは雨が降ってきました。高速に乗っているあたりではわりと強い雨が降っていましたが、角館に着く頃にはしとしとな雨でポジティブにとらえると雨の角館も素敵だなぁという感じです。角館の武家屋敷の通りは蒼蒼とした紅葉に覆われて、濃茶の木壁と紅葉の緑のコントラストが独特で素敵な味わいを醸し出していました。人それぞれ捉え方は違うと思いますが、私は基本的にポジティブなので雨も素敵アイテムのひとつです。角館に寄った目的は、お昼ご飯に『究極の親子丼』を食べるためでした。『究極の親子丼』ってなに??と思いながらも、食べログで検索して良さそうだったので、ランチのお店はそこに決定しました。

DSC_6803

予約していたのでスムーズに座ることができましたが、お店にはどんどんたくさんのお客さんが入ってきてました。席につき注文を済ませて、店内に張ってある著名人のサイン色紙を眺めていると『究極の親子丼』の登場です。いろんなところで親子丼食べてきましたが、ここのお店は美味しかったです。というのも、親子丼って美味しいっていうコトに限度があると思うんですよね。究極かどうかは置いておいて、親子丼が美味しいというお店に行っても美味しいは美味しいのですが、だいたい美味しいところは着地の味が似ています。ですが、親子丼という料理の枠の中でお店ごとにちょっとした粋な工夫をしてくれているから限界があっても楽しめます。今回訪れた角館にある桜の里は、比内鶏にしっかり味がついていて、風味豊かでとても美味しかったです。一緒についてくる椀ものをいただいてもわかりますが、だしを上品に丁寧に取っているから美味しいのだと思いました。こんな風に丁寧な仕事をしてくれているお店はとても印象が良いですね。

DSC_6808

美味しくいただき、外に出るとまだ雨が降り続いていました。
しっとりとした角館をちょっと眺めて小旅行が終わりに近づいて行きました。


写真日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 写真日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください