海外へ行っても登山用品店は気になってしまう。

登山にはまった理由のひとつ"ギアが好き"ということで、韓国で旅行中にも行ってきました登山用品店。

ネットでいろいろ調べた結果、鍾路5街(チョンノオーガ)駅付近に鍾路5街登山用品通りがあるという情報をGETしていざ出発。Arc’teryx(アークテリクス)やMAMMUT(マムート)などのブランドショップやセレクトされた登山用品店がずらりと並んだ素敵なエリア。ウォンの状況にもよりますが、日本よりちょっお安く買えたら良いな!という願いを込めていろいろ散策。いくつか購入しましたが、結果的にはちょっと安い程度であまり変わらなかったかもしれません。

売ってるものはそこまで日本と変わらないけれど、ときたま掘り出し物が見つかるからとても楽しい。言葉が通じないから挨拶程度しかできないけど、韓国ブランドの登山アイテムがとても安いのでついつい奥の方まで見てしまいますね。韓国でも登山ブームだとガイドブックで読んだけれど、たしかに電車乗ってると登山帰りであろう方々たくさんいた。ここ数年の日本の山ブームは若者が爆発的に増えたけど、韓国は年齢層高めな印象でした。用品店で売っているモノは若干地味めな感じ。落ち着いた色合いという表現の方が正しいかな。日本は山ガールやフェスの影響で派手めな商品が多いので、そのギャップがまた面白い。世界で日本が一番カラフルなんじゃないかと思うほど、海外でアウトドアのお店に行くと茶色や紺色、黒などのアイテムが多いんですよね。

今回の戦利品としては、LEKIのトレッキングポールとマムートのソフトシェルをGET!!
いや〜楽しかった。掘り出し物探しに旅行最終日一人でまた訪れたのであった。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください