辛くて美味しい!タッカンマリに舌鼓。

韓国料理は日本でも人気だし日頃から食べる機会が多い料理ですが、日本では知名度が低いけどすごく美味し韓国料理、それはタッカンマリです。ソウルの東大門市場の近くにはタッカンマリ通りという通りがあるので、そこに行けば美味しいタッカンマリが食べられます。私は今回の旅でタッカンマリにハマってしまい2泊3日の旅行中に2回訪れたほどです。鶏が丸ごと1羽使われているので見た目はちょっとビックリな感じだけれど、激辛のタレがなんとも美味い。韓国料理の中ではあまり辛くないレベルらしいけれど、私たちには激辛だった。でも、どんどん食べれる、こういう刺激を求めていたようです。

タッカンマリってなに?

タッ」:鶏、「ハンマリ」:一羽、という意味らしい、まさにそのとおりの料理タッカンマリ。旅先でその国のびっくり料理に出会えるのはと旅の醍醐味ですよね。ブログでたまたま見つけたこのタッカンマリですが、この出会いのおかげで今後何回もソウルに行ってしまいそうな予感。夕食にいただいたタッカンマリのあまりの美味しさに、次の日のランチもタッカンマリ通りへ。タレは唐辛子のペーストをベースに、にんにくやニラなどが入っていました。調合は自分で出来るので、辛いのが苦手な方でも調整次第で美味しく食べられると思います。激辛好きの友人と、辛いの苦手な友人と一緒に訪れましたがふたりとも美味しいもくもくと食べてました。韓国の唐辛子って、日本の唐辛子と味が違うのでなかなか日本では再現できなそうですね。だからこそ現地で楽しみたいグルメでもあります。

東大門市場の近くでタッカンマリ専門店が立ち並ぶ細い通りが『タッカンマリ通り』と呼ばれているみたいです。この先に立つ漢マリの名店があると知らばければまず入っていかないような小さな路地。そういうディープな雰囲気も楽しみながら歩いていきましょう。

東大門といえばショッピングの街、深夜まで営業しているファッションビルがあるという若者の街ですね。ファッションビルが立ち並ぶ街とは異なり、タッカンマリ通りは物静かなクラシカルな町並みです。東大門駅の8番出口からは徒歩で5分ほど、8番出口付近には東大門市場があり、ファツションビルが立ち並ぶエリア方面には川が流れています。その川沿いに進んで行く一番わかりやすいのではないでしょうか。

美味しかったお店をご紹介

2食しか食べていないので、おすすめというより感想になってしまいますが、少ない比較対象でよければ参考になさってください。タッカンマリはシンプルな料理、鶏肉の美味しさはほぼ一緒、シメに食べるうどんのような麺もお店によって味が違うという感じではなさそう。では違いはなに?というとタレです。シンプルな料理だけにタレや薬味が重要になってきます。2軒訪れてみてどちらも美味しいお店でしたが、私たち好みというか旨味が効いていたのは『東大門明洞タッカンマリ』というお店です。観光客というよりは、現地の方がたくさん食事しているお店。だからなおさら臨場感があって美味しかったのかもしれませんね。タッカンマリ通りにはたくさんのお店が連なっているので、各お店客引きのために日本の芸能人が訪れた時の写真なんかを軒先に飾っていますので、それを見ながらお店を選んだり食べ歩くのもありだと思います。

【追記】

このタッカンマリとの出会いがあった旅から何度もソウルへ遊びに会いに行っていますが、結局このお店が一番美味しくて接客が丁寧なので通っています。韓国好きの友人とタッカンマリの話をしていて、偶然にも同じ店に通っていることが判明。ということはこのお店が美味しいということかしら。

店名東大門明洞タッカンマリ 本店
住所서울특별시 종로구 종로5가 280-4
電話02-2266-8249
営業時間10:00 – 24:00

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください