カメラバッグ選びいろいろ話。

一眼レフがきちんと収まり用途にあったカメラバック探しはなかなか難しい。今まではARTISAN&ARTISTのGCAM-1000という牛革のバッグをかれこれ5年以上使っていました。旅行用や普段使いとしては上品さもあるし交換レンズも複数持ち運び出来るのでとても重宝していた。でも、今回のカメラバッグ探しは登山やアウトドア用。登山に一眼レフをもって行くとしたら、重さと収納が気になるところ。カメラの重さは体力でカバーするとしても、収納はなかなか難易度が高い。かさばってもいけないし、機動力が低いのも意味がない。そこで自分が挙げた条件がコレなんだけどコレがまた難易度が高い。

・バックパックを背負っていても使える
・長時間の持ち運びでも疲れない
・カラダにフィットしてカバンがブレない
・カメラを出す機動性
・大きめのレンズを装着したまま収納できる
・汚れても拭くか、洗うかで汚れが取れる
・雨や湿気から守れる
・落下などのショックを緩和できる
・カメラ周辺機器と地図など小物も収まる
・かっこいいモノ

一番難しかったのが、5番目の「大きめのレンズを装着したまま収納できる」コレがなかなかの難易度で苦労した。私の装備はNIKON D800AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDなので本体も大きいけどレンズの大きさが難易度を上げている。山岳撮影にみんなどんなカメラとレンズを使っているかわからないけど、私はこの装備で行きたいのだ。そのためなら重さも我慢できる。でも、正直重いんですよね本体:約1,000gでレンズ:約900gなのでなんだかんだで2kg。細部まで軽量化を図っている登山アイテムと比較すると怪物級の重さ。コレだけの重さなので、長時間の持ち歩きで疲労感を軽減するには、しっかりとしたストラップが必須になる。登山用のカメラバックはいくつか検索で引っかかるんだけど、私のレンズでは大きすぎて入らない。さてどうしたものか。

そうだ、困ったときはINCASEのサイトでも見よう!なにか良いバッグがあるかもしれない。たまたまの思いつきが功を奏して気になるモノが見つかった。それが、INCASE Camera Collecton DSLR Sling Packというバッグ。登山メーカーにこだわる事はなかったのだ。機能的で機動性が高く、なおかつかっこいい。いままでの経験上INCASEなら信頼できる。さっそく近所にあるお店に実物を見に行って15秒で決定。ちょっと大きめだけど、無駄な部分が少なく、大きなレンズ装着したまま収納できる!なおかつ前掛けができて疲れにくそうなストラップ。数日間検索しまくり、ブログをたくさん読んでみたけれど意外なところで自分にあったモノを買う事が出来た。

i=http%3A%2F%2Fpds.exblog.jp%2Fpds%2F1%2F201102%2F26%2F50%2Fc0165550_18143594.jpg,small=800,quality=75,type=jpg

c0165550_18143835

実際に登山やキャンプへ数回使ってみましたが、コレはなかなか良い。カラダへのフィット感も良いので、登山中に邪魔にならないしブレない。そして、小物類も入れる事が出来るので重宝する。バッパックを背負って、カメラバッグは前掛けしているの見た目的にはごつい感じになるけれど、大事なカメラを守るにはぜんぜん気にならない装備。そして綺麗な写真を残せるなら、重さにも耐えられる。山でなくても普段使いも出来るので重宝してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

Momiji