それゆけ写真。〜 Eye-Fi Pro X2 〜

ずっと気になっていた無線LAN内蔵SDカード『Eye-Fi Pro X2をついに購入。

気になりはじめてから数年、気にはなるけどどうなんだろう?という様子見状態が続いていた。様子を見ていた理由は“無線LAN内蔵SDカードって普及するか?使えるのか?”“自分に必要か?”という点が引っかかっていたから。パソコンにWi-Fiで画像転送されなくても、撮影後にSDカードをMACに差せば良いし、私的にその行動は面倒なことじゃないので自分にはまだ必要ないと思っていた。

でもEye-Fi Pro X2を購入したのは、一眼レフで撮った画像をiPhoneやiPadへ画像転送したかったから。SNSへ投稿したり、キャンプや登山に行って一眼レフで撮った画像を奥さんや友人とiPadなどでワイワイ見れたら楽しそうという妄想をしたからである。使用シーンが描けちゃったなら、もう買わない理由はない。

そうそう、ポチっとする前に仕様を調べよう。買うにあたり気になるのは、容量と転送速度、画像形式などなど。いつもRAWで撮影しているので1枚あたり約40MBの画像容量になるから、SDカードもそれなりの容量がないと困る。調べてみると大きく分けてEye-Fi MobiEye-Fi Pro X2の2種類がある。RAWを転送できるのはEye-Fi Pro X2だけのようだ。Class10だしEye-Fi Pro X2 16GBをとりあえずポチる。

届いたパッケージをワクワクるんるんで開ける。第一印象は「ものすごくオレンジだなこのカード」ってことでした。濃いオレンジが印象的というどうでも良い感想。家の中でちょっと使ってみた感じは想像以上に良い。D800で撮影してiPhone5へRAWとJPEGを転送してみたけれど、1枚10秒くらいでIphoneへ転送できるので思ったより早い。もっともたつくかと思っていたけれど、このくらいの早さなら印象は良いかも。買って良かった。はやく活躍の機会が出来れば良いなぁ。


写真日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 写真日記

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

アルテシマ。