秋の稲穂と朝の街。

TSUTAYAで遠野の写真集を見てその景色に感動して、自分も見てみたいと思ったのがきっかけで遠野まで雲海を観に行きました。写真集では標高が高い山で見られるようなもくもくとした雲海でしたが、この日はあいにく雲海は薄くちょっぴり残念ではありますが始めていった場所なのでとても気持ちよく景色を見ることができました。雲海の様子を写真で撮りたいのと、タイムラプス撮影がこの日の目的でした。

日が登るに到着し、徐々に明るくなっていく遠野の町並みや田園風景をみながら珈琲を飲み、写真に収めたらタイムラプス開始です。ですが、設定を若干間違ってしまい日が上がってからは明るすぎで白とびしてしまったのですが、景色が良いお陰で素敵なものは撮れました。いつか編集してアップしたいです。

朝日に照らされる、遠野の川の流れ、稲穂は遠野でしか見ることのできない独特の風景でした。今度は雲海がもくもくしているような絶妙なひに訪れてみたいと思います。


写真日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 デジタル一眼(Nikon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください