こんな綺麗なところがあったのか。

去年の夏の話ですが、青森へ旅行に行きました。目的は美術館めぐりですが、少し時間があったのでドライブがてら北上してみることにしました。青森県の北部にはマグロで有名な大間があります。なんとなくそこまでいけたらいいなと走り始めたものの青森県広い。。。一般道ではなかなかの距離。マグロは諦めて地図に表示されていた『小川原湖』というところへ行ってみました。

三沢の街からそんなに遠くないところに、大きな湖がありました。大きな公園も隣接していて緑が沢山の素敵なところ。田園風景と大きな公園の通り抜けると湖に到着です。湖畔にはコテージがたくさんあり、一部のコテージではBBQをしているような雰囲気。これは楽しそうだと車を低速で進めていくのですが、景色が素敵なんです。三沢に近いからなのか、なんとなく海外っぽい。木の生え方もなんとなくハワイ・・・のような。そして、BBQしていたのは外国人のファミリー。景色と人の相乗効果で、もうここは日本ではなく海外の風景に見えてきます。

湖は波もなく静かな感じ。夕暮れの景色もなんかバリの海岸で見た時と似てる。。なぞの海外感に包まれながら過ごす時間はなかなか良くて、偶然たどり着いた場所ですがとても居心地が良くて不思議でした。いつか、夏にここへキャンプに来ようと考えながらサンセットを楽しむ。これでお酒飲めたら最高だろうなぁ。

この日は風がなかったため特に波がなかったのかもしれませんが、天候によって様々な表情を見せてくれそうなので、またいつか撮影しに行ってみたいです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください