X100Fという最高に丁度いいカメラ

FUJIFILM X100Fを購入して3年が経ちましたのこのカメラについてまとめてみようと思います。このカメラは買ってよかったカメラとして私の中で殿堂入りです。

X100Fを買った理由

  • 飲食店などで一眼レフを出すと仰々しい
  • 携帯性がよくカバンに入れてもかさばらないカメラ
  • 画質がよくカスタム性があること
  • 持っていて満足感があるプロダクト

私はこれまで風景写真を撮ることが多く、画質はとても重要な要素でした。画質を求めるとやはり一眼レフカメラという選択肢になるためD70から初めて数台…いまはD850をメイン機として使用しています。一眼レフで画質を手に入れたのですが、食事に行った際にちょっと写真を撮りたいときに一眼レフを出すのは仰々しいため、これまでもコンパクトカメラとの2台持ちということがよくありました。そのためLeicaのコンデジなど数台持っていました。ですが、一眼レフ画質に慣れている私としては、コンパクトカメラの画質に納得感がなくいつも悩んでいました。携帯性と画質を両立できるものってなかなかないんですよね、どちらかを妥協すればいいのですが…

Leica X1とFUJIFILM X100Fの交代

FUJIFILM X100Fが発売されるまで、Leica X1というコンデジを使っていました。これも先程あげたような要因で購入を決めたカメラでした。X1はライカ社が発売したAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したコンパクトカメラで見た目のシンプルさと、携帯性画質、そしてライカというブランドへの憧れで購入しました。X100Fと比べても更に小型で携帯性が高いためいつもカバンの中に入れてちょいちょい撮っていました。

Leica X1は見た目が抜群に良いこととライカを使っているという充実感はあるのですが、扱いが少し難しくクセというか慣れるまでけっこうかかりました。室内での撮影は手ブレしていしまうことが多く、もともとレストランなどの食事などを撮りたいと思っていたのでその点このまま保持し続けるか悩んでいました。とはいえLeica X1の描写力はとても気に入っており、コンデジとしては信頼の置けるものだったことは間違いありません。そんなさなか発売されたのがFUJIFILM X100Fでした。見た目のクラシック感と形状はとても素晴らしく、家電量販店で見て一目惚れに近い感じで購入しました。購入の理由としてはLeica X1のちょっとして手強さを解消したい、妻が使っても可愛いルックスが私の中での購買理由になりました。

FUJIFILM X100Fは携帯性、操作性、画質、カスタム性でとても素晴らしカメラでした。X100FもX1も高級コンデジと呼ばれているので価格それなりにお高め。そのお高めを価格を納得感に変えてくれたのはFUJIFILM X100Fです。フィルムシミュレーションというFUJIFILMならではの機能もとても楽しいですし、手ブレすることが軽減できたのも大きな要因かもしれません。妻は一眼レフを持っているのでX100Fをあまり使うことがなかったので、私のサブ機としてX100Fを使うことにしました。

FUJIFILM X100Fについての考察

【 いいところ 】

  • プロダクトとしての外観デザインの美しさ
  • 画質がそれなりに満足感がある
  • 光学ファインダーの性能の良さ
  • フィルムシミュレーターなどカスタム性
  • NDフィルターが内蔵されている

【 もう一歩なところ 】

  • 大きさは気にならないけど、少し重い
  • バッテリーのもち
  • 最短撮影距離が少し長い
  • レスポンスが若干遅い印象

味わい深い色合い

X100Fの魅力のひとつですがフィルムシミュレーションがとても面白いです。私はクラシッククロームをベースに設定をカスタマイズして好みの風合いを出しています。Webで検索するとたくさんのユーザさんがカスタム設定を公開されてますので参考にするとまたひと味違う写真が撮れるようになります。

ちょっとした散歩風景も風合いがでます

わたしも固定ではなくたまに設定変えながら撮ってみて好きな写りを探しています。FUJIFILMの色合いが好きという方は多いと思いますが、このカメラはその色合いをうまく表現してくれるとても素敵なカメラです。

マドリッドにあるアトーチャ駅
マドリッドの市場

上の2枚の写真は設定が違いますがわかりやすいですよね。アトーチャ駅構内で撮った写真はシックな色合いで大人びた印象です。写真ってその場所の空気感を切り取れるので好きなのですが、このカメラだと更に表現の幅が広がり楽しさ倍増です。

FUJIFILM X100Fのまとめ

結論から言うと、このカメラは自分的には明記と呼んでいい仕上がりだと思います。このかめらの後継機としてX100Vというカメラが2020年2月に発売されています。X100Vは動画の4Kになったこと、背面液晶がチルト式になったこと、フィルムシミュレーションにクラシックネガ、エテルナが追加されたという変更点は魅力的ですが、それがなくても十分やりきれるというのがX100Fだと私は思います。外装デザインも変わったのですが個人的にはx100Fのデジザインが好きですね。エルテナはちょっと魅力的。。。後継機が発売されてもしかしたら値下がりがあるかもしれないので、それならお得なX100Fをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください