天空の楽園で雲海を見る。

私はたまに雲海が見たくなります。登山にはまったのも雲海が見れるからっていうのもあるのかもしれません。早起きして出かける、深夜に出かけて朝を待つ。そういう雰囲気、時間の過ごし方がとても好きです。

愛知に引っ越してから雲海が見れる場所が思いつかず、検索していたら天空の楽園でおなじみの阿智で雲海が見られるという情報を得ました。休日までもう少し!計画を立て早速お出かけです。

富士見台高原ロープウェイに着いたのはまだ暗いうちでしたが駐車場にはすでに大型バスと普通車が止まっていました。ゴンドラの営業時間までちょっと時間もあったし眠かったので、クルマで仮眠していたのですが気がつくとバスがドンドン来る。「やばい!」これはやばい、仮眠している間にツアーの人たちがゴンドラに乗っている。。。完全に出遅れましたね(笑)

そんなこんなで、急いでゴンドラとリフトを乗り継ぎ展望台に着いたのですが、展望台にはすでにたくさんの人々。意外だったのは高齢の方が多かったことです。ゴンドラとリフトなので脚への負担が少ないからでしょうか。人生の先輩たちが雲海を見に来ているならしょうがないw

この日は雲海が薄く、イメージしていた感じではなかったのですがそれなりに綺麗な景色と日の出なのでカメラを構えます。最近とても気になっているけど、気にしないことにしていることがあります。「望遠レンズが欲しい!」ということ。

いつもは、広角レンズのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDと標準ズームのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを使用しているので困ることはないのですが、遠くの山や動物を取りたい時70mmでは足りないんですよね。山の険しさを迫力ある構図で収めたと思うと望遠レンズ・・・でも登山で望遠レンズを担いで行くのは体力的に厳しそうなので24-70mmの万能さを求めたわけです。

気になるAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8 ED VR Ⅱ。このレンズを購入すればニコン大三元レンズが揃うわけで。欲しいけど金額がね。
もしくはf2.8とおしではなく単純に望遠優先で500mmくらいのレンズとかでもいいのかもなぁ。

すっかりレンズの話になってしまいましたが、また絶景を求めてドライブに行きたいと思います。とりあえず、絶景情報取集するところからですな。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

職人の手。