蘇る記憶と鈴の音。

DSC_8566

チャグチャグ馬コの出発地点でおなじみの鬼越蒼前神社を訪れてみました。子供の頃に祖父母に連れられて、お祭りを見に来たことがありました。着飾った馬たちは遠くで見ているぶんには華やかで綺麗でしたが、近づいてみるとその大きさと迫力に泣いてしまった記憶があります。

DSC_8574

子供の頃に何回か行ったことのあるこの神社ですが、数十年ぶりに訪れてみるとじわじわと記憶がよみがえります。はじめは断片的ではありますが、景色を見るにつれて徐々にどんどん懐かしさが出てきました。記憶は曖昧ながら詳細に覚えている配置、並びなどがあるのは不思議です。

DSC_8565

境内にある木々は秋色に染まり、風に吹かれて舞い、色とりどりの絨毯のように足元を埋め尽くしていました。境内にはたくさんの木があるので、四季それぞれに楽しめそうな素敵な景色です。もうすぐ真っ白な雪で覆われるこの神社へ、初詣に行ってみようかなと思いました。

DSC_8571


写真日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 写真日記

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

跳ねる魚と星の線。

次の記事

秋の空と冬の空。