朝霧に包まれた森と岩山、乳岩峡を歩いてみる。

愛知県新城市にある「乳岩峡(ちいわきょう)」というところに行ってきました。instagramで見かけた素敵な川があって、調べてみたら川の水は綺麗だし岩場もあるしちょっと変わった地形が楽しめそうだったので早朝から出かけてみました。涼しいうちに登りたかったので早朝というか夜中に家を出ました。行ったことがないエリアだったし、道もよくわからないので早めに出たのはいいけれど案の定早く着きすぎたので駐車場で陽が昇るまでちょっと仮眠しました。
平日ということもあり、駐車場には私一人だけで全然人がいないのも不気味でしたが、ゆっくり自分のペースで写真撮りながら歩けるのでラッキーでした。



Kenko PLフィルター Zeta Quint サーキュラーPL 77mm コントラスト上昇・反射除去用 727713

前日に雨が降っていたので、綺麗な予定の川はちょっと濁りもありましたがそれでも綺麗な川でした。川沿いのツルツルな岩の上を歩いて進むのですが、大人なのに思いっきり転んじゃって他に人がいなくて本当に良かったと思いました。乾いていれば歩きやすいコースも雨で濡れていると恐怖の道に変わりますね。

川の音を聞きながら登山をしていると、奥多摩にある川苔山を思い出します。川のおかげで涼しい風が吹いたり、苔が生き生きしていたり水の豊かな山は辛い上り坂でも気持ちがいいですよね。それにしてもなんで高山はこんなにたくさん岩があるんだろう?調べよう調べようと思っていたのですが、残念ながらまだ調べていません。

早朝なので、太陽が上がるにつれて朝霧が立ち込めてきました。幻想的といえば素敵ですが、初めての山で霧に包まれるのはちょっと焦りますね。まぁ、遭難しても川を下れば駐車場に着くだろうなんて考えながら黙々と登ります。

後半になると大きな岩の間というか隙間を鉄の階段やハシゴを使って登っていきます。足元が滑るのでドキドキでしたがこれはこれで面白い!何段かに分かれているので、平らなところで振り返ってみたらいい風景が広がっていました。岩の中は静かで外の霧とはまたちがう世界観が広がっています。頂上についてら自分から湯気が出ていました。何気に岩場は体力使ったもんね、そりゃ湯気もでるわ。

下山する頃には霧も晴れてきて向かいにある山にはまだ霧のような雲がかかっていました。岩の中にお地蔵さまがいたり霧が不思議空間を演出してくれるので神秘的な感じがします。なんでこんな地形になったんでしょうか。もしかして洞窟は修行のために削りだしたのかな。他では見られない光景に魅了されます。今度は友達と連れて山歩きを楽しもうと思います。

 


| にほんブログ村 | 人気ブログランキング |






Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください