ニコンの一眼レフとレンズを修理に出してみることにした。

数ヶ月くらい前から一眼レフとレンズの調子が悪くて、このたび修理に出してみることにしました。頼れる機器たちなのでちょっとくらい調子悪くても使い続けてきましたが、いつまでも壊れているままではこのレンズたちにも悪い気がして修理費はお高くなることも覚悟でニコンの修理センターへ依頼することにしました。

修理に出す一眼レフとレンズの症状

今回修理に出したのはNIKON D800とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E EDとAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED。それなりの値段がする機器たちなので、修理費もお高いのではないかと躊躇していたところもありました。でもレンズの性能を最大限に発揮して欲しいので、ここは修理費をケチっている場合ではない!

D800症状

正直なところ、三脚に立てていた状態で倒れてしまったことが2回ほどあり、最初は影響がなかったもののなんとなく反応が遅くなって気がして。。。原因は落下によるダメージだと思うのですが、外装は特にダメージなし。ここのところSDカード読み込みエラーが頻発するようになりました。SDカードが原因なのか一眼レフが原因なのかわからずSDカード変えてみたりしましたがとりあえず修理で見てもらおうということにしました。一番の原因は、設定が変えられなくなる時があることでした。マニュアルモードで撮ることが多いので、シャッタースピードや絞り値を変更したいのにボタン押しても反応しないという困った事態が起こりました。。。さっきまで使えていたのになぜ?と思いながらバッテリー抜いてみたり考えられることはすべて試しましtが回復せず、撮りたかった風景を撮り損ねてしまいました。30分ほどして再チャレンジしたらバッチリ動きましたが謎すぎます。この日は登山でテント泊だったので寒さのせいもあるのかもしれません。湿度のせい?もあるのかな。。。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの症状

【 主な症状 】三脚を倒した際の衝撃、フォーカス時に距離環に引っ掛かり

このレンズはダメージが大きく一番修理費がかかるのではないかと予想していました。D800と一緒に三脚が倒れてしまい長いこのレンズが衝撃をもろに受けてしまったのです(涙)自分の不注意もありしょうがないのですが、爆速フォーカスでとてもお気に入りなレンズだけに心がどんより。衝撃で内部にだいぶダメージがあるようで、フォーカス時に距離環に引っ掛かりを感じ、降ってみるとなんとなくカラカラと音がする。。。信じたくないけど壊れてる。。これだけのダメージがあっても写真写りには影響がなく、距離環の引っ掛かりのみが気になるところでした。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの症状

【 主な症状 】フォーカスが甘くなったなどのフォーカスが不良

このレンズは落下などの衝撃を受けたことはないのですが、最近妙にピンが甘くなった気がしていました。もしかしたらD800の方が壊れているのかなと思っていたのですが、以前撮った写真と比べるとその差は歴然でした。購入当時は噂通りの性能で解像度も高くピシッとした写真が撮れていたのですがやはりピンが甘いようです。それと急にオートフォーカスが効かなくなったというか、前後にウィーンウィンと動くのが止まらなくなりました。止まらないのはフォーカスを合わせられなくてずっと探している状態のようでした。これでは神がかりなレンズも台無しなので修理です。

修理完了までの道のり

修理に出す前に修理期間や費用などいろいろ検索してみたました。ニコンのサイトでおおよその費用がわかります。実際はその金額より安く収まるようですが、ここで見積もってみたら10〜15万くらいかかりそうな感じ。とほほ。。でもこの3点を新品や中古で買い直すとなるともっと出費が増えるし、修理に出すのが無難な気がします。

オンラインから修理申し込みをして、数日で郵送用の箱がニコンから届きます。申込時には症状を細かく記載するようにしました。サポートセンターへ直接持っていければ口頭でお話できると思うのですが、オンラインの場合は細かく書いたほうがきちんと診断してくれるような気がしたので。商品を包み修理センターへ送ってから数日後、ニコンから製品確認後の見積もりが届きました。想像はしていたけどなかなかの修理費。その見積もりを確認してからOKならば修理スタートみたいですね。もちろんそのまま修理進行してもらうように依頼しました。数日後再度連絡が来たのですが、残念ながらD800は修理不能というお知らせ。どうやらダイキャスト部分にヒビが入っているそうで保証できないから修理不能ということらしいです。がっかりですが、自業自得なのでしょうがないですね。外装にはダメージなくても内部にはダメージ大きかったんですね。ということでレンズ2本直してもらいました。

  1. オンラインで修理依頼
  2. ニコンから箱が届くので製品を入れて返送
  3. 修理センターから見積もりが届く
  4. OKなら修理続行
  5. 修理完了して返送されてきます。

お支払は代金引換なのでクレジットカードは使えないので注意が必要です。私の場合はD800の修理不能問題があったので、そのやり取りで数日間かかってしまったので、修理完了まで3週間ちょっとかかりました。修理出してからって治って戻ってくるのが待ち遠しくて待ち遠しくて。毎日連絡が来るのを待っていました。子供みたいですが(笑)

修理料金以外に発生する料金

< 保証期間内の製品を修理する場合 >

ピックアップサービス利用料全国一律
 1,700 円(税別)
ピックアップサービスを利用して修理品を発送した場合、申し込み方法にかかわらず、サービス利用料が発生します。
サービス利用料には往復の配送料金、梱包資材費用が含まれます。
サービスの詳細についてはこちらをご確認ください。
修理依頼時送料お客様ご負担
(元払い)
修理センターへ直接送付する場合は、修理品を宅急便「元払い」でお送りください。
ご依頼時の注意事項やおもな流れについてはこちらをご確認ください。
未修理返却手数料

1,000 円(税別)
概算見積もり提示後、お客様都合により未修理返却となった場合に料金が発生します。
※ 修理後に返送される場合や修理不能の場合は、未修理返却手数料は発生しません。
詳細見積もり手数料1,000 円(税別)お客様のご希望により、作業者による分解を伴う詳細な見積もりのご依頼を承った場合、修理有無にかかわらず詳細見積もり手数料 1,000 円(税別)が発生します。
※ 修理をせずに詳細な見積りのみを希望される場合は、詳細見積り手数料詳細見積り手数料 1,000 円(税別)に加えて、未修理返却手数料 1,000 円(税別)が発生します。
ニコンQ&A・よくある質問より引用

< 保証期間外の製品を修理する場合 >

ピックアップサービス利用料全国一律
 1,700 円(税別)
ピックアップサービスを利用して修理品を発送した場合、申し込み方法にかかわらず、サービス利用料が発生します。
サービス利用料には往復の配送料金・梱包資材費用が含まれます。
サービスの詳細についてはこちらをご確認ください。
修理依頼時送料お客様ご負担
 (元払い)
修理センターへ直接送付される場合は、修理品を宅急便「元払い」でお送りください。
ご依頼時の注意事項やおもな流れについてはこちらをご確認ください。
修理品返送時送料1,200 円(税別)修理センターへ直接送付された場合、修理品の返送時に送料が発生します。
修理品返送時送料には配送料金・梱包資材費用が含まれます。
未修理返却手数料
 1,000 円(税別)
概算見積もり提示後、お客様都合により未修理のまま返却となった場合に料金が発生します。
※ 修理後に返送される場合や修理不能の場合は、未修理返却手数料は発生しません。
詳細見積もり手数料
 1,000 円(税別)
お客様のご希望により、作業者による分解を伴う詳細な見積もりのご依頼を承った場合、修理有無にかかわらず詳細見積もり手数料 1,000  円(税別)が発生します。
※ 修理をせずに詳細な見積りのみを希望される場合は、詳細見積り手数料 1,000 円(税別)に加えて、未修理返却手数料 1,000 円(税別)が発生します。
ニコンQ&A・よくある質問より引用

修理から戻ったレンズは性能が復活

結局はレンズ2本の修理になったのですが修理費は5万円いかないくらいで済みました。見積もりよりだいぶ抑えられたので嬉しい半面、修理不能と言われたD800のことを考えると凹みますね。完全に壊れるまでつかうか、タイミングを見て新しいのを新調しようと思います。
修理から戻ってきたレンズは、購入当初のように良い感じの画が撮れました。ピンが甘くなったのは理由はわかりませんが、使っているとピンが甘くなるのかな。これからは、今まで以上に丁寧に管理して使用していこうと思ういいきっかけになりました。みなさんも一眼レフやレンズの取扱には気をつけてくださいね。

私はNikon クリーニングキットプロ2 CKP2というキットを使ってメンテナンスしています。メンテナンスキットを探しているときにニコンのオンラインショップでみつけたものです。メンテナンスするのもカメラ好きにはとてもいい時間ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください