やっと来れたね白川郷。

15年前カメラに興味を持ってから、ずっと気になっていた憧れの場所が白川郷です。写真集やカメラ雑誌を見るたびに撮ってみたいなと思っていたものの、東京に住んでいたので白川郷がとても遠く感じていていました。なかなか遠いからこそいい場所なのかもしれませんね。

早朝に行けば朝霧に包まれる白川郷が撮れるんじゃないかと深夜に出発です。東京に住んでいた頃より近くなったと言っても、休憩入れて3時間はかかるので近いような遠いようなです。この日は小雨が降る朝を迎え、写真を撮る人も少ない感じでした。早朝の白川郷を散歩しながら自然と調和した不思議な町並みを楽しみました。家の周りに水路があり、その水路の中に大きな魚がたくさん泳いでいるのにはびっくりしましたが、この環境が他ではない感じでとても好きです。

田んぼではお米が稲穂を垂らし、森には雲がかかり流れていく、朝霧は見れなかったけれど湿度が高い朝ならではの空気感にとても癒されます。川の音、小雨の音、風の音、久々に感じる自然の音がお散歩のBGMです。なんてすばらしい!四季を通していろんな楽しみ方ができそうな白川郷にこれからはちょくちょくお出かけできそうです。


| にほんブログ村 | 人気ブログランキング |






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

気になる木。