のんびり知多半島ドライブ、つぶて浦で夕陽を楽しむ。

今年のお正月は長期旅行の予定はなく、のんびりな連休なので初詣と初日の出ナイトハイクのほかはノープラン。1月2日の朝ものんびり起きてゴロゴロしながらインスタグラムを見てました。インスタグラムで素敵な写真たちを見ていると出かけたくなりますね。南の島に行ってる友人、雪国に帰省している友人、iPhoneの画面の中にいろんな世界が広がっています。

そんなこんなでお昼までゴロゴロしていたので、近場でドライブへ行くことにしました。お昼過ぎの出発なので写真を撮るならサンセットがちょうど良い時間になると思ったので、近そうでなかなか遠い知多半島に行くことにしました。伊豆や能登もそうですが半島って近そうに見えるのに、いざクルマを走らせると到着するまで時間かかりますよね(笑)

検索してみて気になったのが『つぶて浦』というところ。ここは波際に鳥居が立っている場所で、神社などの建物はないちょっと不思議な場所です。調べてみたところ、天照大神(あまてらすおおみかみ)・天手力男命(あまのたぢからをのみこと)・万幡豊秋津姫命(よろずはたとよあきつひめのみこと)・豊受大神(とようけのおおみかみ)など伊勢神宮の神様たちが石を投げて競った際に伊勢湾のこの場所まで石が飛んできたということらしいです。鳥居の下には大きな石がゴロッと鎮座しているのそう言われてみればそうなのかと思ってしまいます。波打ち際には砂にはんぶん埋まった小石もたくさん転がっていましたので、それで『つぶて』なのかもしれませんね。神様は力持ちみたいですね。

日の入りの1時間前に到着して砂浜をお散歩しながら鳥居へ向かいました。鳥居に数人のカメラマンさんがいらっしゃいました。高校生くらいの女の子が一眼レフと三脚でスタンバッているのがとても印象的でしたね。この歳でお正月に夕陽と鳥居を撮りに来るなんてなかなか見ごたえのある子だなぁなんて思いながら私も準備です。日が沈むまではND1000フィルターを装着したAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで波を霧のようにして遊んでいましたが、やはり広角レンズのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDにもそろそろフィルターが欲しなぁ。NiSiの角型フィルターが脳裏に浮かびます。前向きに検討したいところです。

この日も天気が良かったので夕陽がとても綺麗でした。雲の感じも可愛らしくていい感じです。知多半島にはセントレア空港があるため近くを飛行機が飛んでいくのも絵になりますね。私が撮ってい時は残念ながら飛んできませんでした。海を見ながらサンセットを楽しむのんびりなお正月もなかなかいいですね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です