日本三大砂丘のひとつ、中田島砂丘でサンセット。

お天気が良い休日の午後、ドライブがてら中田島砂丘へ行ってみました。砂丘といえば鳥取の砂丘が有名ですが、他にも砂丘はあるようで日本三大砂丘と呼ばれる砂丘があるそうです。鳥取砂丘(鳥取県)、九十九里浜(千葉県)、そして今回訪れた中田島砂丘(静岡県)の3つが日本三大砂丘。言われてみれば九十九里とか砂丘ありそうですね。

「クリスマスなのに砂丘・・・って」と思っていたのですが、砂丘には意外にもたくさんの人がいらっしゃいました。駐車場から砂丘へ向かう道もカップルが多いですが、一眼レフを肩から下げていたり良さそうなレンズを持って歩いている人を多く見かけました。クリスマスなのに砂丘を選択するのは謎ですがデートスポットなんでしょうかね。それか、私のように何かのついでに「そういえば砂丘行ったことないね」的な感じなのでしょうか。

中田島砂丘は南北約0.6km、東西約4kmに渡って広がっているそうです。そんな情報を知らなかったので、端から端まで歩いてみたいと考えていましたが、歩かなくて正解でした(笑)
足跡はたくさんあるので写真には若干不向きでしたが、天候も良かったせいか砂丘はとても綺麗で気持ち良い場所でした。冬なので、天気が悪ければ極寒いなるんだと思いますが、春夏は気持ち良いかもしれません。
人が歩いていないエリアは風の芸術と言いたくなる砂の波紋のようなTHE砂丘な景色がみられます。初めて見たのでかなりテンションが上がりました。砂丘の入り口から歩くこと数分、砂の丘を越えると太平洋の大海原が広がります。キラキラ光る海はとてもキレイ。ビーチを見ているとちょっとバリ島のスミニャックビーチを思い出します。砂浜から釣りをしている人もたくさんいました。浜から遠投していたのでキス釣りとかですかね。

久しぶりの海は気持ちいいいですね。今年は山へ出かけることの方が多かったので、夏ぶりの海はいい気分転換になります。中田島砂丘の景色が気に入ってしまったので、夕暮れにもう一度来てみることにしました。お昼とは違う景色が楽しめます。日の出もいいのかもしれませんね。広いビーチで敷物に寝転びながらサンセットを楽しむ謎のクリスマスですが、クリスマスできゃぴきゃぴする年齢でもないのでこういうのもアリかな。

近くでは女の子二人が三脚立てて夕日を背景にジャンプしながら写真を撮っていました。なんとも微笑ましい風景。「おー!スゴイの撮れた!」と喜んでいるハツラツとした感じって良いですね。

久々にのんびりドライブな週末。砂丘の写真もたくさん撮って、ND1000フィルターも試せたし写真を満喫できた休日でした。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です