見上げれば、あかい星。

朝起きたらクルマが凍っている・・・そんな季節がやってきましたね。盛岡で冬を迎えるのは十数年ぶりなので、ひとつひとつ冬の記憶が蘇るような毎日です。寒いから下を向いて歩くのではなく、上を向いて気持ちよく歩いていると晩秋に出会うことができました。

ほとんど葉は落ちてしまっているけれど、間引かれたかのように薄着になった木にしがみついている赤い葉。その葉っぱの向こうに広がる空は、気持ちよく澄んだ秋晴れ。空の手前で風に揺らいでいる葉を見ていると、あかい星に見えてきます。そのバランスがなんとも好きで、しばらく眺めながら何枚もシャッターを切りました。

冬が来る前にもう少し秋を楽しめたらと思っていますが、山に行くともう雪が降っているんですよね。
冬はもうすぐそこまで来ています。


岩手県 ブログランキングへ
にほんブログ村 写真日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください