市場めし『のっけ丼』を食べに古川市場に行こう!

DSC_9427

久々に予定がない休日だったので、朝早く起きてベッドの中で予定を組み立てました。どこか行きたいけど、とくに目的はないし急に行ける場所も意外とないんですよね。仙台方面、秋田方面、山形でお蕎麦!?など悩んだ末に、思い出したのが青森県立美術館でした。以前から素敵な美術館だという評判は聞いていたのですが、なかなか行く機会がなくかったので今回行ってみることにしました。天気をきちんとチェックせず。。。

9時頃に家を出発するときは晴れていたのですが、高速に乗り青森方面へ車を走らせていると進むにつれて天候が。。。高速道路の脇には雪の壁、そして小坂ICのあたりでは吹雪で前の車がほとんど見えない状態に。かすかに見える前の車のテールランプを追いながら、ドキドキのドライブでした。お隣の県なのに青森はこんなに雪が多いのかと驚きながら目的地へ向かいます。

DSC_9402

お昼に青森市に着いたので、まずは腹ごしらえからスタートです。テレビで見て気になっていた『古川市場 のっけ丼 青森魚菜センター』です。入り口でチケットを購入して、そのチケットでご飯を買って上に乗せる丼の具材もチケットで買うという面白い感じです。市場の中にはいろんなお店があるので、まずは探索です。各お店を回ってみると鮮魚系からお惣菜まで様々で、鮮魚と言っても「あの店には貝があった」「あのお店にあったウニ美味しそうだった」など違いはあるのでよくよく観察した方が理想の丼に近づくかもしれません。。私がチケットで購入したので、トロ、えんがわ、いくら、うに、サーモンの5品。大好きなものだけを選んでオリジナルの丼ができるのでとても楽しい。そして美味しい!!隣のテーブルで食べていたお祖父さんは卵焼きみたいな具をチョイスしていて、色合い的にも勉強になりました。

この具材のチョイスは個性が出るので、食べている人や、お店で丼の具材を選び中の人の丼をこっそり見てみるのもいいんじゃないかと思います。慣れている方はやはりチョイスが早くて美味しそうな丼が出来上がるみたいですね。私は好きなものだけ入れた子供みたいな丼ですが大満足でした。お惣菜を入れるとちょっと大人っぽい感じですかね。また来ても私は全力で大好きな具材だけ入れてしまいそうですが(笑)

DSC_9404

盛岡からはクルマで2〜3時間ほどかかりますが楽しいところでした。


<DATA>
古川市場 のっけ丼 青森魚菜センター
住所:青森県青森市古川1丁目1−11−16
TEL:017-763-0085
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください