曇ってますけど、おうし座南流星群を撮りに行く。

“11月6日夜、おうし座流星群(おうし座南流星群)が極大を迎える。”という記事を見かけてワクワクしていた週末がすぎました。ここのところ天候に恵まれておらず、星空指数100でも撮りに行ってみると「曇ってるじゃん!星ないじゃん!」という残念な結果が続いていました。普段の行いが悪いんでしょうね、きっと。撮りに行けない日に限って、仕事終わりに空を見上げると星が輝いていたり。これからは写真のために普段からの行いを良くしていかないとですね。それにしても惨敗続きでしたので「今度こそは!」と意気込む私の気持ちをわかってくれる方がいらっしゃると嬉しいです。

dsc_2484

さて、天候をいろいろと調べてみたのですがどうやら自宅付近では6日の夜に流星群を見るのは難しそうということがわかりました。そして、いつもの問題にはまります。「どこで撮ろうか・・・」この悩みは愛知に引っ越してきてからずっと抱え込んでいる問題。引っ越してきてから1年が経ちましたが、まだまだ把握仕切れていない東海の撮影スポット。

岩手や東京にいた頃は土地勘があるので深く考えなくてもたいていはすぐに場所を決めることができていたのですが、星空は特に困るんですよね。街の光から離れたいので、山に行けば撮れるのですが自宅から1時間くらいで行けるいい感じの場所をまだ見つけられていないのです。よさそうと思っても情報がなさすぎて星空鑑賞に向いているのかよくわからない。まぁ、とっておきの場所はみなさん秘密にしておきたいでしょうから明確な情報を探すのが難しいのはよくわかります。

天気予報では岐阜、滋賀方面なら大丈夫そう。出かけることが多い長野方面はイマイチな天候っぽい。あぁ、困った。決められないまま夜を迎え、落ち着かないまま夕食を済ませて出発です。曇りに負け続けている私は、今回も自信がなくて結局一時間くらいで行ける山の方へ出かけることにしました。山の方へ向かい目的がないので開けていて真っ暗で安全な場所を探して撮ることにしました。肉眼ではそんなに曇っていなそうに見えたのですが、いざ写真を撮ってみたら曇ってました(笑)「ですよね・・・」と独り言が出てしまう。まぁ、それ覚悟できたのでいいのですが時間が経てば回復するかもという淡い期待を込めて1時間粘ってみましたがダメでした!

こうなったら潔く帰るしかありません!天候に負けたのです。日頃から行いを良くして絶景に出会えるように心がけます。



 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください