明るい月夜の過ごし方。

皆既月食がという話題を来てわくわくしていました。はりきって山へ向かったものの行く途中にカーラジオから流れた話題にビックリ。「明日は皆既月食ですね。」なんですと!?明日ですか!?そうですか。なんと1日間違えるという珍事に動揺するも、前夜祭というポジティブシンキングで山へむかいました。どおりで空が明るいと思ってましたよ。この夜は月も丸く、台風一過で雲が少ない状態だったので月の光でいつもより明るい夜の森になっていました。いつもなら見えないであろう沢や森の奥が見える不思議な明るい夜でした。

いつもの場所に着いたら、写真撮っている風の車がいたので迷惑かけないように車のライトを消して駐車しました。自分が撮っている時に他の方のライトが入り込むのが嫌なので、気を使います。山の上は寒いので、車の中で温かい珈琲を飲みながらしばし構図検討。三脚にカメラをセットするてがかじかみます。近くに止まっていた車の方も写真撮影していたようで、会話が聞こえてきました。どうやら女性二人で来ているようで、カメラの設定について「これじゃない?」「ちがうね。」「これだ!」など試しとりしながら語り合っていました。きっとカメラはじめたばかりなのかな?という内容だったので、私はひとり心の中で「それじゃないよ、それ変えても星は撮れないよ。」と答えながらの準備です。教えた上げたかったけど、急に知らない人に話しかけられたら怖いですもんね。それに試行錯誤しなあら自分なりの設定見つけるのも大事だよなと思いながら、自分も間違わないようにセットです。この日は本当に明るく、ISO400, “4.0”secくらいで近くの草木まで明るく映るくらいでした。

DSC_8073

これだけ月が綺麗に出ていれば、星の撮影は困難なのはわかっていたので珍しく月と遠くに見える街を撮ってみることにしました。しかもいつもと変えて広角の縦撮りです。眼下の街の光と、月、そしてその上に瞬く星を入れるには縦しかない。月の上の方にほんのり星空が見えるくらいですが、本当に綺麗でした。今夜は皆既月食なので、楽しみですが空の天気が気になるところです。


写真日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 写真日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください